かわいいとおいしい

かわいいものとおいしいものの話をします

フリルと断捨離

リカちゃんに影響されておしゃれに興味を持ち始めてから数日。

フリルにはまりました。

 

そもそも私があまり服を買わない(買えない)理由が、「高くて身近でないから」というものです。この場合の高いとは絶対的な概念ではなくて、私の場合単純に優先順位が低いという意味ですが。

むしろ、世の中には可愛い服がたくさんあふれているけど、本当に自分を満足させようとしたら際限なくお金がかかることを想像できるので、「あまり興味がない」というフィルタをかけているのかもしれません。

そんな私なので、「安くて」「可愛くて」着ることのできる服なら、喜んで手に入れようとします。

ただ、古着屋はあまり好きではありませんでした。でもそれは古着だからとかそんな理由ではなく『探すのが面倒』だから。それが、どうでしょう。最近のフリマアプリでは。

 

とにかく探すのが楽!!!

インターネットってすごい!!!!

 

好きなブランドで、色で、探しているジャンルで、簡単にフィルタリングできる。いや〜本当に便利な世の中です。独自ルールだの『常識』だのはちょっと面倒だなと思うこともありますが、気持ちは分からなくもないので、相手に合わせて良いフリマ生活を送ろう _(⌒(_'ω' )_

 

f:id:shimakoo:20161126101242j:image

 フリルで新しい服をお迎えするためにクローゼットを断捨離しました。今の家に引っ越すときもこれくらい捨てた(のに収納スペースが増えたわけではない)ので、「そんなに捨てるの?!」と旦那さんに驚かれました。

お恥ずかしい話、普段着ている服って大学生とか下手すると高校生のときから着ている服ばかりなのです。そこそこ思い出もあるし、貰い物もあるしでなかなか踏み切れず。。。

でも、今回は「ときめかなかったら捨てる」でがんばりました。これからはときめくものを、身につけよう。

リカちゃんに影響されておしゃれしたい

自分でも驚いているのですが。。。

f:id:shimakoo:20161124012156j:image

リカちゃんのお洋服をminneで購入したわけです。高クオリティでお手頃な値段……。やっぱりクリエイティブって素敵です。

f:id:shimakoo:20161124012245j:image

ひゃ〜かわいいな〜、なんといっても、こういう服が現実でも好きで、自分も着たいようなデザインなのです。自分もかわいいなと思う洋服を、自分がかわいいなと思うリカちゃんが着ている。最高。

そんな我が家のリカちゃんを見ていると、自分の中のある感覚が揺さぶられていることに気づきました。

 

おしゃれしたい。。

 

昔から衣食住の『衣』が、とても優先度の低いものでした。普段着ている服も数年単位で着ているものだし、服を買うといえば福袋でまとめ買い。なんだかなーと我ながら思いつつも、そこまで身なりに気を配れない自分がいました。メイクは好きです。自分の顔もきらいじゃないので、だからこそ余計に、「別にいいかな」という変な驕りがあるのでしょう。

 

ここ最近「かわいい」にこだわりたくていろいろな環境を整えています。そうすると自然に自分自身も「かわいい」に近づきたいとすごく思うようになりました。洋服やヘアケアに対する意識が少しずつ変わったのは、そのあらわれなのだと思います。

また、ひとつずつこだわりを文章にしていきます。おやすみなさい。

かぞく

実家は常に犬猫のいる家で、犬2匹と猫4匹がデフォルトだったので、「10人家族だ〜」なんてのんきに思っていました。

年頃の頃には家の中ではしゃぎまわる猫の毛が制服につくのがいやでいやで、でも彼女たちのことを嫌いにはなれないしで、複雑な気持ちだったものです。

f:id:shimakoo:20161117184358j:image

↑この制服がまた毛が目立つ。。

 

で、一人暮らしをすればペットを飼うなんて物理的に無理だろうなんて思っていたわけですが、どういうわけか無類の動物好きに嫁いでしまったので、我が家はいきなり3人家族となったわけです。

https://www.instagram.com/p/BMttEqNB3vr/

#かわいい#モルモット#エキゾチックアニマル#ペット

でも悔しいかな、めちゃくちゃかわいいの。育つ環境って大事だなぁとあらためて思う(セロリ)。

モルちゃん(くるみ)ももう4歳になる?とかで、わがままな子だからちょっとストレスを感じると体調を崩しがち。「なんなのもー!!」と言いながら日々猫可愛がりならぬモル可愛がりしています。

アニマルセラピーなんてよく言いますが、いやなことがあったりしたらよくなでなでして癒されてるのは旦那さんに内緒です。

 

さて、ペットを飼っていると切っても切り離せないのが、必ずやってくる別れ。実家では常に複数匹飼うことでかなしみを紛らわせていました。(いちど1匹だけ飼っていた猫さんが行方不明になって、母は数日間狂ったように探し回ったことから得た教訓みたい)

ただ、さすがに私たちもペットを飼うのには覚悟が必要で、その覚悟もないのに「さみしいから」なんて理由で多頭飼いしてはいけないと重々分かっているわけです。

https://www.instagram.com/p/BM1Ze6VBzWC/

だいぶ慣れてきたみたい _(⌒(_'ω' )_#ゼニガメ #カメ #子ガメ#ペット #かわいい #カメラ目線

 ということで、かなりの覚悟でカメさん(あずき)をお迎えしました。私はカメをお世話するのははじめてなので毎日気が気でないです。カメってあんなに熟睡するんですね。(すぐ「動かないよ!」と騒ぐ私を旦那さんは笑う)

 

ということで我が家は現在4人家族。

リカちゃんとミニネオ(ロボット掃除機)もよく働いてくれるので6人といえないこともありません。

旦那さんが出張族なので平日は少しさみしいんですけども、この子たちがいるから頑張らなきゃ!!となります。

 

さあ、明日も定時帰りだ!!!

 

お題「我が家のペット」

リカちゃん

実家からリカちゃん人形が送られてきました。

f:id:shimakoo:20161113211900j:image

母校が周年記念につくるもので、じつは第二弾。

f:id:shimakoo:20161113211835j:image

好きだったセーラー服。いまみると、16歳〜18歳にこの制服だったんだなぁと振り返ると、すこし幼かったかなぁなんて思わなくもないのですが、ただとても誇らしくて大好きな制服でした。

f:id:shimakoo:20161113212119j:image

と、そんなことより、リカちゃんかわいすぎませんか???!!!!

最初は「いまのリカちゃんすげーかわいいじゃんか!」と思っていたのですが、わたしは90年代生まれなので、もともとこの世代を遊んでいたようです。

かわいいもの好きとしてはドールをお迎えしたいなぁという気持ちを前々から思っていたものの、なんとなく画像を見るだけで満足している自分がいました(かわいいもの好きとして情けないんですが笑)。それはお値段的な問題だったり、手入れの問題だったりするのですが、じつはちょっと思っていたのが、表情の怖さ。怖いというと語弊があるのですが、人形さんはそこにいるだけで大きな存在感を出してしまうので、すこし心がそわそわしてしまうんですね。

だから、わたしって本当はそんなに人形さん好きじゃないのかなーと思っていたのです。ただ、、、

f:id:shimakoo:20161113213222j:image

f:id:shimakoo:20161113213228j:image

f:id:shimakoo:20161113213300j:image

リカちゃんぜんぜんこわくない!!!!

幼児教育ってすごい!!!!!!(ちがう)

 

気づけばカメラを向けている自分がいました。好きなものが増えるのはとても嬉しいことです。とりあえず飽きるまで(飽きたくないですが)、いろいろと試してみようと思います〜

かわいいものに囲まれて生きていきたい

子供の頃は、いわゆる夢見がちな少女だった。

 

好きな色はピンク。

少女漫画(ちゃお)が大好き。

加護ちゃんあややに憧れた。

 

年をとるというのは難しいことで、「女の子」から「女性」になる過程で必ず起こることなのか分からないけれど、なんとなく「かわいい」を避けてしまう時期があるのだろうか。「かわいい」を追いかけて成長できないような思い込みでもあるのか。わたしはいつしか自分の「かわいい」を信じてあげられなくなっていた。

 

でも年をとるのは面白いことで、どこかで「なんじゃーーーい!」とちゃぶ台をひっくり返せるときがくるのかもしれない。わたしはもう自分に我慢をさせたくないし、我慢をする必要なんてないと思えるようになりたい。

 

わたしはかわいいものが大好きです。

かわいいものに囲まれて、生きていきたいです。おいしいものも大好きなので、かわいいとおいしいに囲まれて生きられれば、もっと幸せになれるのかも?と思いました。

 

ということで、そんなものを探して過ごす日常を、どこかに記せたらと思っています。