読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいとおいしい

かわいいものとおいしいものの話をします

かわいいものに囲まれて生きていきたい

子供の頃は、いわゆる夢見がちな少女だった。

 

好きな色はピンク。

少女漫画(ちゃお)が大好き。

加護ちゃんあややに憧れた。

 

年をとるというのは難しいことで、「女の子」から「女性」になる過程で必ず起こることなのか分からないけれど、なんとなく「かわいい」を避けてしまう時期があるのだろうか。「かわいい」を追いかけて成長できないような思い込みでもあるのか。わたしはいつしか自分の「かわいい」を信じてあげられなくなっていた。

 

でも年をとるのは面白いことで、どこかで「なんじゃーーーい!」とちゃぶ台をひっくり返せるときがくるのかもしれない。わたしはもう自分に我慢をさせたくないし、我慢をする必要なんてないと思えるようになりたい。

 

わたしはかわいいものが大好きです。

かわいいものに囲まれて、生きていきたいです。おいしいものも大好きなので、かわいいとおいしいに囲まれて生きられれば、もっと幸せになれるのかも?と思いました。

 

ということで、そんなものを探して過ごす日常を、どこかに記せたらと思っています。