かわいいとおいしい

そのために生きている

10w6d

こんな時間に米を炊き、ポークビッツをおかずに食べている。

どうやら紛れもなく私のつわりは「食べづわり」のようで、四六時中吐き気が収まらず、食べるとかろうじて引く、ただ食べすぎると吐くものができてしまうので吐いてしまいそうになる、の繰り返しだ。

ところで前回のブログから10日ほどしか経っていないが、随分日にちが経過した。先週金曜の通院でついに予定日を決めたのだが、その前の通院よりだいぶ育っており、最終月経日を基準に予定日を確定させることになったのだ。大きさから判断すると+2日であったが「こんなもんでしょう」ということで決まり。案外適当なんだなと思った。いちおう決まった予定日は2018年7月6日。私たち夫婦の結婚記念日が7月7日なので、なんとか1日遅れてうまれてきてくれないかと密かに思っている。

予定日を聞いたその足で、地域の健康センターに向かい、妊娠届を提出した。私の住んでいる地区では保健師さんが面談をしてくれて、不安なことや気になることを親身になって聞いてくれる。とりあえず今の時点で気になるところもそんなに多くないのだが、頼れる人がいるというのはありがたいことで、やはり肉親が近くにいないことが多い東京ならではなのかとも思った。

そしてやってきた今週。先週意図せず吐いてしまってからは「これがピークかって感じっすよーハハハ」などとのんきに上司に愚痴っていたが、今週はその比ではなかった。先週は強い吐き気がきてはおさまりきてはおさまりと繰り返していたのだが、今週は四六時中吐き気がやむ隙がない。強い吐き気の回数で言えば先週の方が多かったような気もするが(もはや覚えていない)、四六時中何をしていても6割吐きそうというのは、想像していたよりきついししんどい。なんとか1日5食ぐらいを心がけて、とりあえず少しずつ常に食べておくことに気をつけている。読んだ妊娠エッセイ漫画だと、10週まで家事も何もできなかった人が11週には解放されていたので、来週に一抹の望みをかけている。今はつわりが明けた後の開放感を楽しみに毎日を過ごしている。とりあえずポークビッツは美味しい。